琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 上覧・・・

<<   作成日時 : 2010/04/28 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日の日曜には事前に全員に声をかけていただけあって、ほぼ初と言っていい一門衆全員集合。2アカ総動員しても20人を超えない小規模一門ではあるが、助力を一切受けずに鬼門比叡山2つ目の「生死の試練」をクリアした。他の一門の助力をしてきた経験を活かす事をができたので、クエスト自体は特に苦労する事もなかった。しかしまぁ、ほぼ全面的にわっちが企画して当日も取り仕切ったわけであるが、十人余りの人間をまとめて動かすというのは大変である。次の「大師の試練」はさらに人数を集め・・・しかも他一門の助力も得なくてはならないし・・・ますます大変だ。あ、なんか当分やりそうにない気配が・・・。



画像





 さて・・・今週はずっと上覧があって、ちゃんと登録もしているのだが・・・参加メンバーの一部が忙しくてなかなかインできないようで未だに一戦もできていない。せめて10戦くらいはしたいところなのだが、あと5日、果たして面子が揃う日は来るのであろうか・・・?

 目当ての星野山にもぼちぼち行けて、叡山と松島の検分もしっかり貯めて覚醒を稼げて、色々と調子の良い週だったのだが、上覧だけが心残りだ。今度の週末に賭けるしかないのか・・・?







 新星に入っておよそ一ヶ月。現在活動の優先順位は、

 渚>涼>>>海>>>>>他

 といった具合だ。だいたいの場合、仙人と呪屋のペアで動き回っている。やる事が多くて複数のキャラに手が回らないというのもあるが、単純なモチベーションの話とも言える。仙人は不動のメインキャラであり、呪屋は新星の新技能でかなり勝手が良くなった。というか薬師3特化の新奥義はいずれも優秀過ぎる。



画像




 これがその内の一つ、修験の奥義「抜苦与楽法要」であるわけだが、3人対象で3500ほど回復し、さらに耐性付与をつける。既に数々の窮地をこの奥義で乗り越えてきた。正直手放せないな・・・旧奥義の「般若護摩法」も良かったのだが、いかんせん待機時間15分は使い勝手が悪すぎる。

 とはいえ強くなっているのは良い事だ。杖術のおかげで回復力も抜群。当面はこのコンビが活動の主体となっていくであろう。もっとも、芦屋戦は仙人とそーへーで、という事になりそうだが。そう、そろそろ芦屋道満を倒して、道摩根の国を突破しなくては、な。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上覧・・・ 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる