琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 松島

<<   作成日時 : 2010/04/13 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 もう既に先んじて突破しているところが数多くあるので今更な感じではあるが・・・・・・天海撃破で松島到達である。



画像




 遠く奥州にある松島へ行くには、路銀として50貫が必要・・・って毎回それは高いヨ・・・。死んだからといっておいそれと成仏して走るわけにもいかないようだ。行く時には転生役が常に待機しているのが好ましい。

 馬に乗るとどこぞかの寺に辿り着く。そこから門を抜けて道を進んでいくと海に出る。




画像





 それにしても天海攻略は実に大変であった。何しろ木曜に始めて、結局クリアしたのが月曜の深夜過ぎ。それまでにいったい何度挑んだ事か・・・。単純に強いボスというだけでなく、挑戦する仲間を集めるだけでも一苦労であり、一門の筆頭殿は相当に骨を折った事であろう。




画像





 メインで活動しているところではなく、出張先の一門での挑戦だったため、常にフル参加できたわけではなかったが、連日大詰めまでには参戦していた。週末は明け方4時5時までかけて挑戦し続けるも勝てず、皆結構歯がゆい思いを抱きながら迎えた月曜の夜、例によって数回負けた末、時間的に次が最後という一戦。

 ちなみにこの最終日はわっち自身も呪屋で天海本体との戦いに参加していた。今までで1、2を争うほどいい流れのまま迎えた終盤、天海の単体術が旗頭のわっちに直撃し、さらに呪い状態だったためおそらくその時点でほぼ生命1という超ピンチを迎える。しかしその局面を温存していた修験の新奥義(3人治療)を使って乗り切る。おそらくここで単に全体治癒だったなら次かそのさらに次の全体術で死んでいた。我ながらナイス判断と自賛した場面であった。もちろん他の徒党員の動きもピタリとはまっていた一戦であったため、ついにそこで勝利を収めるに至った。




画像





 まずは一安心といったところだ。上の画像、海の向こう側に光るバリアが見えるが、あそこがこれから松島で目指す場所なのだろう。まだ先は続いている。今度はここに挑む日も来るであろうが・・・それはまた、いずれの話。




画像





 最後は皆・・・ではないが残っていた人達で記念撮影。ほんとに皆、一週間おつかれさまでした!



 次は自分のメイン一門でも叡山攻略に乗り出さぬとの・・・まー、それもまた、いずれの話・・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松島 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる