琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS PCじゃないと画像はとれんのだ

<<   作成日時 : 2009/01/25 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

琥珀列伝 第十二回「トップに画像がないとかっこがつかないけどPCの方を起動してないから画像ができずに更新が滞っているんだとかいう言い訳はさておき、最近の出来事と新ボス攻略・序」




 ―――――




画像「無駄にタイトルが長い上に表題代わりの画像も無しですか」


画像「手抜きっすねー」


画像「やかましいわ。基本的にPSメインで動いている以上、2アカで動かぬとPCで画像を残すことができんのだ。ネタの方はそれなりにたまっているわけだがの」


画像「じゃあ、その辺踏まえてさくさくいっちゃいましょうか、近況報告から。例によって渚様が中心なわけですけど・・・」


画像「まぁ、ほとんど凶変狩りじゃの。他はほとんど誘われぬ」


画像「ご自分で党首をするという話は・・・」


画像「いずれの」


画像「いつもどおりの日和見ですか。変わった出来事は鍋島直茂と一戦してきた程度ですね」


画像「1戦負けたが、修正していけば今さら軍師程度は敵ではないの。残念ながら神秘石は出なんだゆえ、服の新調はまだ先じゃな。それより、今日の主役は・・・」


画像「ぎくっ」


画像「お主じゃな」


画像「ですね」


画像「いやぁ、うちの話題なんかつまんないからいいっすよー」


画像「そう言うでない。わしですらまだ倒しておらん凶変イザナミ宮のボスどもを倒して来たのじゃろう。充分話題になろう」


画像「伏雷と析雷だけっすよ?」


画像「黒雷が一番倒しやすいじゃろう。もういつでもやれるじゃろう」


画像「そうっすねー・・・」


画像「構成は・・・修験、医術、古神典/雅楽、武士、軍学、鎧鍛冶、陰陽道ですか。それぞれ一部面子が違いましたけど、職特化は神主の方が違った以外は共通でしたね」


画像「盾が3枚、回復が2枚、アタックが1枚か。盾3枚とはいっても、軍学は沈黙が主な仕事だったようじゃな」


画像「そうっすねー。析雷の時は三ヶ所沈黙をかなりの割合で維持してくれて、かなり助かったっすよ」


画像「そして野良徒党ではたいてい必要とされる軽減は無し、か」


画像「あー、これはあくまでうちの所見っすけど、軽減はあれば便利かもってレベルであって必須じゃないっすね。むしろ、それに頼る気持ちが出ると、普通に回復が追いつかなくなるっす。むしろもう、軽減程度じゃどうにもならない次元の話というか・・・仮に密教を入れても、特に序盤は孔雀をせずに完全回復主体で動き回った方がいいかもしれないと思ったっす」


画像「なるほど。軽減なぞ不要! というわけじゃな」


画像「いや不要とまでは言わないっすけど・・・安定してからは孔雀しつつやった方がいいかもしれないとは思うっす。ただ、あの技能で気合50%消費じゃないっすか。あれと全体完全回復を併用するのは難しいっすからねー」


画像「もっともな話ですね。そう言う涼さんは、序盤はほぼ完全回復一筋だったと」


画像「ええ、もうあれほど治療に専念した戦闘は久々どころかはじめてっすよー」


画像「必要がないと見れば回復1枚で5ターンも6ターンも治療を放棄するようなお主がのぅ」


画像「まだ1戦ずつ勝っただけで、あれこれ言うほど敵の特徴を掴んでるわけじゃないんで攻略とかおこがましいことは言わないっすけど、回復役に関するアドバイスくらいなら・・・」


画像「言ってみよ」


画像「ずばり、余計なことしちゃだめっす。この余計なことには、単体治療・四も含まれるっす。そんな呑気なことしてる暇は、敵が半分近く減るまでないっす。味方の盾の状態や、敵の攻撃の様子を読んで、5〜6ターン程度先まで見越して全体完全治療が必要と思ったら、たとえその時の気合が3割程度しかなかったとしても、溜まるまで待つ。或いはもし自分の生命が減ってたら、治身で気合回復の時間を稼いで全体完全。必要と思ったら迷わず全体完全を選ぶ勇気がいるっす!」


画像「特に析雷では、その傾向が強いの。何せあそこでは、対象をランダム化させる技があるからの。下手に単体完全をして、その狙いが外されたら一大事じゃ」


画像「伏雷は伏雷で、一番術攻撃が激しいっすからね。こっちもやっぱり全体完全が多くなるっすよ。加えて、爛火でダメージに加えて呪いも受けるんで、全体治療重ねた程度じゃもう・・・」


画像「足りませんか」


画像「かといって無駄なわけじゃないっすよ。というかうちらがやってたのは、医術さんがひたすら全体治療を連発しながら、うちが状況に応じて単体と全体の完全治療を使い分けるって方法っす。これがベストかどうかはまだまだ検討の余地はあると思うっすけど、とりあえずこれでだいたいのピンチは乗り切れたっす」


画像「鍵は回復役にあり、ですか」


画像「そこまで偉そうなことは言わないっすけどねー。苦しい状況を打開できない時は、回復役が考え方を変えてみるといいんじゃないかと、うちは思ったっすね。ちなみにヘイトはうなぎのぼりに上がりまくるんで、蘇生2枚の点を考慮して、旗頭は陰陽道さんに持ってもらったっす。盾は結構ピンチになるんで難しいんすよねー。その点陰陽道なら術のダメージを常に半減できるんで、おすすめっすね。まぁ、生命力5000以上ある人なら、っすけど」


画像「一定時間毎に撃ってくる特殊攻撃には、どんな軽減技も通用せんからの。3000のダメージを受けた上に加えて、他の術攻撃が同時に来ても確実に耐えられる者でなくては、旗頭は務まるまい」


画像「ああ、回復役は特にその特殊攻撃の時間をしっかり把握しておいた方がいいっすね。それを考えた上で、先々まで回復行動の予定を立てておくべきっす」


画像「まさに回復役の腕の見せ所じゃな。その分、倒した時には達成感もあろう」


画像「そうっすねー。回復役はかなり意識改革を迫られるっすよ、現状でのこの敵は」


画像「楽しそうでいいことじゃな」


画像「・・・アタックは枠が少なくてなかなかやりに行けないっすよねー・・・」


画像「別に良いがの。レベル62になるまで、自分から動く気はあまりない。その間は、機会があったらお主が偵察代わりに行ってこい」


画像「えー・・・うちじゃなくて海さんでもいいじゃないっすかー」


画像「アタッカーとしても回復としても未熟な私にそのレベルの敵をどうしろって言うんですか」


画像「うー・・・」




 ―――――




 レベル62まで残り経験値14億弱。まだまだ長い道のりだが、次回はどこまで縮まっている? そして仙人が凶変イザナミ宮攻略に乗り出す日は?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PCじゃないと画像はとれんのだ 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる