琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS そーへーの巻

<<   作成日時 : 2008/10/26 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 また随分と間が空いてしまったようだ。ちょっとオフゲーに時間を割いていた時期もあってまったりプレイだったりもしたので、あまりネタがなかったと言うべきか。



 前の更新からあった進展と言えば、まずずっとしつこく言っていた仙人の島津の友好度が42000を超え、新しい腕貫を入手したことだ。龍造寺に乗り込もうと思ったら鹿児島ノックに修正が入ってしまったし、第2勢力での42000超えは厳しそうであるし、現段階では仙人の装備は完成したと言えよう。このまま適当にやりつつ、レベルキャップ解放の時を待つとしよう。

 仙人的にはそろそろイザナミや迦楼羅なんかも倒したいところで、仲間内で検討もしているのだがなかなか機会がない。迦楼羅には一度行ってきたが、残念ながら敗退してきた。未だに、術軽減がないと厳しいかもしれない・・・。



 で、最近はそーへーの海が復活している。今度こそという意気込みで、まずは神秘石を入手しようと九州を進めた。難関と思われた晶だったが、わりと苦戦しつつも突破した。一撃たりとも攻撃するために攻撃していなかった殴り屋・・・でも閻魔撃はやはり優秀だ。それから立花道雪に挑む。一度目は味方の生存人数が1人という、そんな馬鹿なという相討ち勝利。総崩れシステムの妙である。二度目はそんなことがないよう、終盤奥儀の全体極楽を使い、守りを捨てて全力攻撃。結果、今度は全員生き残って勝利した。

 道雪の2戦でどちらも高千穂の神秘石を入手できる幸運に恵まれたため、装備を新調。お守りや特殊も交換し、首飾りと袋は武芸からかっぱらい、全部装備してみたら見事に攻撃力671・防御力671という愉快なことになった。せっかくなのでこのまま攻撃・防御を同数でキープしていってみよう。目標は攻撃・防御700だ。

 やっとそれなりに納得できる性能を得ることができた。とりあえず堂々と僧兵やってると言えるくらいにはなっただろう。あくまで一般レベルでの話だがな。ただ攻撃力を高めていっていながら、ボス戦での立ち回りでは攻撃役というよりは、結界師。基本戦術は盾鍛冶に因果応報、敵に殴り僧がいるようなら加持結界、自分にも罰当たりを張ってヘイトを取って反射ダメージ狙い。実装には結界枚数を増やす技能が常に入っている。因果や加持の枚数が3枚から4枚になるのは結構大きい。

 あとは極楽浄土を活用する。もう引退してしまった古い知人に、この技能が好きで、極楽・改があるからという理由で殴る気もないのに僧兵特化を選んだ人がいたのだが、ちょっとその人を偲びながらやっている。

 しかし何とも・・・僧兵の潜在レベル低いな・・・。さすがにもうちょっと育てないと、結局一線級では使えなさそうだ。まー、どうせこれも野良じゃ誘われない類なのだが!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そーへーの巻 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる