琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 倒すべき敵達

<<   作成日時 : 2008/09/06 16:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 数々の強敵がいる。中にはかつては強敵だったが今はそうでもないのもいるが、昔から一貫して強敵のままでいるのもいる。そんな中から、いまだに倒しておらず、今後倒していきたい敵を挙げていってみよう。なお、あまり積極的でない合戦場の武将は除外する(やる機会があればやるし、倒すが)。





イザナミ
 かつてのラスボス、黄泉路クエストの最後に待ち受ける神。叩き割り・極の一撃によるダメージは推定5000以上、今でこそ耐え得る人もいるであろうが、それでも即死級の一撃を放ってくる驚異のパワータイプには違いない。それ以上に厄介な、魔の祝福による回復能力。2時間脱兎狙いならばそう難しくはなかろうが、できることならば倒しに行きたい、古くからの宿敵なり。

妖魔召喚士
 星野山千尋窟の最下層にて待ち受ける最強の敵。大名クラスと目され、飛龍時代はもちろん破天時代においてもトップレベルの脅威とされる。弱体無しでの撃破は不可能に近いとさえ言われたが、今ではそこそこ成している徒党もいる。とにかくオールラウンドに敵の能力が高く、隙がない。弱体クエストが長く面倒なため、挑みに行く機会があるかがそもそも疑問なり。皆ものぐさだからの・・・。

迦楼羅・天翼竜
 破天ダンジョン最後の敵。真のラストたる竜よりもその前の鳥の方が厄介だ。蘇生不可技必須と言われたが、今は他のやりようもあると思う。前の2つに比べるとインパクトに欠けるな・・・とはいえ面子が集まりにくく、挑む機会がまだない。

上泉信綱
 ここから争覇、剣聖クエスト最終章に待ち受ける剣聖。そのくせ厄介なのは術攻撃という不思議な敵だ。とはいえ、剣聖本人の能力は桁違いである。その能力を発揮させないように倒すには陰陽道の存在が不可欠になるわけだが、どうにか他のやり方でも倒せないものか。

島津家久・角隈石宗・島津義弘
 いずれも野戦ではなく、城攻めの方で待ち受けてる本気モードの方だ。石宗と義弘はおそらくきちんと挑めば問題ない、単に龍造寺で進めてないから挑む環境にまだないだけだ。家久についても、何度か挑んで感覚は掴んだ、煮詰めていけば勝てるはずだ。問題は、人がいない・・・。

島津義久・龍造寺隆信
 九州三大名の内、大友宗麟は倒した。残るは2人。

雷神・風神
 2体同時戦闘の、高千穂・風雷の峠のボス。特に雷神の方が強敵と聞くが、まず挑める環境を作らないことには仕方がない。時間がほしいところだ。

カグヅチ
 高千穂最後の敵。ちなみに1番上のイザナミの子で、産まれた時から燃えてたんで母親を殺してしまった困った神様。とりあえずまだ会ったことすらないので何とも。それでもそこに強敵がいるとわかっている限り、いずれ倒しに行く。



 いずれもまず行くだけで面倒なところのある敵ばかりなので、なかなかやっていられないのが現状なわけであるが・・・とりあえず面子の目途が立ちそうになったので、近々島津の佐賀城攻めから龍造寺隆信に挑んでみようかと思っている。特性の違いはあれど、宗麟と同等くらいの強さならば、やり方さえ間違えなければ勝算はあるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
倒すべき敵達 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる