琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 武芸再臨計画進行中

<<   作成日時 : 2008/07/10 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 漣の島津での友好度が10000を超えた。結局、5000近く先行していた大友でやるより、こっちの方が早かったという話。




 道楽武芸のわりと適当装備でも、ほぼ問題なく通用している感じだ。もう少し装備と潜在が伸びれば、器用さ4倍も確保できる。知人は武芸が辛いと言っているが、ガチガチの守護で近接攻撃が封じられても、仇討の刃と肋一寸があれば安定してダメージを出せるので、本来の持ち味が消えているわけではない。充分にやっていけると言えよう。


 それでもさすがに晶は苦労させられた。一度目は完全野良徒党で行って、1体倒すところまでは行ったがその後剣舞が来たところで一気に崩された。その次は半分知人半分野良で挑み、こっちの火力不足から数を減らすのが遅れて敗退。3度目は完全知人徒党で固めて、わりとあっさり撃破。

 武芸・暗殺・鉄砲のアタッカーsの相性が良かったこともあるが、たぶん勝因に大きく絡んでいるのは盾の性能ではないかと。1度目2度目とどちらも盾が常に生命半分切ってるような状況が続いていて、回復役の手が空かず、そこに上目使いがくると立て直しに大いに手間取った感じだ。盾に余裕があると、回復と神職とが二人がかりで解呪にいけるため、上目使いへの対応が早くなり、優位に立てる。

 そんな風に守りが堅いと、アタッカーsとしても攻めに専念できるため、結果全面的に安定することになる。3人全員が同時に一所懸命で釣られることがなく、準備術を攻撃回復ともに完封したのも良かった。晶に関しては、盾から倒すとか悠長なことを言っていられないので、守護抜けの剣風斬を主体に攻める。そしてここぞというところで放つ近接攻撃は、見事に8割守護られるのであった。そして上目+剣舞状態だと三連撃一発であっさりお陀仏なり。うん、まぁぶっちゃけわし空気? (一応、上目使いの的になって不変できっちりレジったりはしたんダヨ? 晶にとどめ刺したのもわしだゾ? 奥儀は守護られたけどナ!ダメージ9200くらい) 





 次はさっさと弁才天を倒して、イソタケルで稼がなくては。神秘石も2つほどほしいし、潜在Lvも150くらいにはしておきたい。その辺りまでいったら、また仙人での活動か。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武芸再臨計画進行中 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる