琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州三国志〜大友家2

<<   作成日時 : 2008/04/22 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 しばらく間が空いてしまった。最近2アカフル稼働時間が長いので、これを書いてる暇がなかなか取れずそのまま放置状態に・・・。



 基本的にずっと仙人主体で動いていた。呪屋は2アカでお供につけることが多く、またそうでなくても手伝いを頼まれやすい職なのでそこそこ頻繁に登場。ぶしどーは微妙にほったらかし・・・一応いつでも動ける状態ではあるのだが。そーへー?シラナイ。

 仙人の潜在Lvが135に達した、争覇すごい。今の目標は、とりあえず180辺り。

 九州は・・・仙人が大友家で友好12600ほど、島津家で2300ほど、龍造寺家で1000ほど。呪屋は大友家で10000、島津家で1400、龍造寺家で600くらい。ぶしどーは大友家で6000、島津家で600くらいか。次の目標は大友家で友好17000超えなのだが、なかなか厳しい。佐賀城の晶がでっかい壁だ・・・。



 ところで・・・・・・・・・暗殺とか大キライだ。

 奴らのせいで他のアタッカーが既に真っ当なアタッカーとして認識されていない。

 一刀流による気合削りが有効だぁ? 気合削りハメなんざな、破天が始まった時から仙人がずっとやっとるっちゅーんだ! ほとんど誰もその有用性に見向きもしなかったくせに暗殺が同様のことできるようになったらコレダヨ、まったく俗人どもが。

 そりゃ確かに、陽炎による赤▲からの紫燕殺の最大火力は軽くこっちの倍のダメージを叩き出し、結界破りもあり、電光石火で守護も貫き、痺れもあり看破もあり反撃回避もあって、暗殺一刀でただ攻撃してるだけでも痺れさせたり・・・・・・ゴメンナサイ勝てる気しないッス・・・・・・。

 くそぅ・・・陽炎の赤▲さえなければ貫通力は紫燕殺より煉気掌の方が上なのに・・・・・・というか、マジで煉気掌のダメージ以前の数値に戻してくれないかの・・・。



 まぁいい、この流れは絶対近々弱体がくる。全盛期から一気に氷河期に入った鉄砲鍛冶のように、束の間の天下を楽しみながら失墜するがいい。









 さて、九州だ。今日は大友家の第2ステージ、耳川の合戦の敵総大将、島津義弘についてだ。

 朝鮮出兵においては数倍の敵を相手に鬼神の働きをして敵から鬼島津と恐れられ、関ヶ原の合戦においては僅かな兵と共に東軍の中央を突き破って撤退してみせた、九州最強、いや戦国日本最強武将の一人として名高き武神。その強さはゲーム内においても再現されている。

 敵の構成は・・・1が義弘、2〜4が侍、5が忍者という超攻撃的徒党。2の侍は防御が高く、3の侍は鉄砲持ち、4の侍は攻撃が強い。5の忍者は言わずもがな、両断に遁などなど厄介な技能満載だ。

 この敵の最大の特徴は、義弘の特殊状態だ。義弘は味方がいる状態だと、攻撃ダメージを半減させる状態がついている。初期状態だと、こちらからの攻撃ダメージはなんと1/16近くまで軽減される。とてもではないが義弘から倒すなどという戦法は使えない。幸いなことに、防御力が上がっている間は攻撃力はそれほどでもないため、まずは義弘の放置して他に目を向けるべきだ。1体倒すと、捨てがまり・壱という技を使い、攻撃力が上がると共に防御力が下がる。だがこの時点でもまだ被ダメージは1/8。捨てがまりは壱〜四まであり、全ての味方がいなくなった状態でようやく被ダメージ軽減が消える。が、その時点での義弘の攻撃力は・・・・・・まさに鬼神。一度でも攻撃されれば味方の誰かが死ぬ、というような状態になる。

 義弘の最も厄介な攻撃技は、血槍の煌きと鬼神疾駆。血槍の〜は5人対象の術攻撃で、結界破り効果も持っている。最初はダメージ1000程度だが、捨てまがり・参くらいになると3000ほどダメージが上がる。脅威だが、術軽減は有効だ。そして鬼神疾駆は全体対象の物理攻撃。加えて、1人だけ2倍のダメージを受ける。捨てがまり・参くらいになると、後衛が5000以上のダメージを受けて死ぬ。義弘戦で最も恐ろしいのは、終盤の鬼神疾駆が旗に抜けることだ。劣勢を一瞬でひっくり返す、これが鬼島津の脅威だ。

 穴となるのは、味方が1人死んだ時、必ず捨てがまりを使うという点だ。つまり、義弘が攻撃してこない1ターンを意図的に生み出せるということ。これを利用して、義弘のみになるまでの間に義弘の生命を半分以下まで削っておき、捨てがまり・四を使った直後に最大火力を叩き込み、鬼神疾駆を使われる前に落とす。これが最善だと思っている。敵を1〜2体しか倒さず、ちまちま削って倒すという手もあるにはあるが、義弘は闘魂術のようなものを持っており、瀕死になるとその時点でも捨てまがり1回分程度の攻撃力アップが見込まれる。こっちの方が危険だと、個人的に思っている。

 一撃必殺、という点において鬼のように強い義弘だが、鍋島に比べれば攻略しやすい敵だとは思う。





 九州三国志、次のお題は・・・・・・晶・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見させていただいてます。
島津義弘の技能なんですが、
「捨てまがり」ではなく「捨てがまり」ですよ。
細かい事なんですが気になったのでコメントさせていただきました。
通りすがりの読者
2008/04/24 08:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州三国志〜大友家2 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる