琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS めまぐるしい一週間であった

<<   作成日時 : 2008/04/03 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 争覇の章が始まって一週間が経った。週末に時間があったこともあり、久々に思い切りこのゲームを楽しませてもらった。もちろんまだまだ先へ進み続けるのだが、とりあえずこの一週間をダイジェストで振り返ってみよう。




>飛さん・・・・・・思ったほど材料費が気にかからないのぅ。後の方の生産品になるとまた変わってくるだろうけど、今のところそこそこの量産は可能っぽい。問題は材料そのものが品薄な点。







仙人・琥珀渚


 名実共に現在のメインキャラ、当然争覇もこれを中心に進めていく。


 周りの知人衆に合わせて九州は大友家の下へ参じ、まずは今山にて龍造寺勢との対決。1〜4の武将は途中少々苦戦はしたが、慣れれば並の敵であり、鼻歌交じりに倒せるように今ではなっている。問題は5に出てくる龍造寺家の軍師・鍋島直茂だったが、これも精鋭揃いの知人衆と共に見事撃破。この敵の鍵を握るのは、回復役とアタッカーであろう。詳しくはまたいずれ考察してみるとしよう。

 今山で友好度を2000稼ぐと、次に待ち受けるのは島津勢と対決する耳川。これまた1〜4の武将は今山と大差なく、慣れれば悠々と倒せるレベルだ。今山よりも徘徊している敵が多くて進みにくいのが難点か。そして5番目に待ち受けるは九州最強の武神、鬼島津こと島津義弘。これは鍋島に比べれば戦いやすい・・・が、一撃で壊滅させられる危険性はこちらの方が上である。実際、あと一歩まで追いつめながら一掃された。ここでの鍵はおそらく盾とアタッカー。


 もらえる目録は全てもらい、修得も特化奥儀を除いて全て終了した。服も全て作れるのだが、材料はまだない。他職の生産品はもちろん、友好度1万以上が必要らしい材料がネックだ。それと、苦労の末に価値の高い職人装備をいくつか揃え、いずれ量産する時に備えることができた。器用さも高いから、いいものできる自信がある。とにかく友好度稼がねばだが。


 真理5の各技能について

 昇気方術はテスト仕様から少し変わって、攻撃術を使うごとに術の威力が上がっていくというものに。検証したところ、10発少し術を撃った辺りでダメージが最初の1.2倍くらいで止まった。結構大きな誤差が出るが、大体こんな感じだ。
 四維山水はなかなか強力な全体術で使い勝手がいいが、九州では敵を半分倒せば総崩れになって逃げていくので、あえて全体術を一掃するより単体攻撃で1体ずつ倒していく方が早いので使い道が少ない。他の場所ならまた使い道もあろう。
 黒道凶禍は一番期待していた技能で、実際主力技能として使っているのだが、効果のほどはいまいち実感しにくい。物理耐性を下げるとあるが、これを使った状態にしたところで大してダメージが変わるわけでもなし。単純に単体攻撃術と考えれば悪くはないのだが。
 練星法は刀がないのでまた不明。これからもずっと不明、かもしれない。

 仙論5の各技能について

 凶方無卦は低速+暗黒呪霧。しかし成功率が微妙に低い。敵全体に両方決まることはあまりなかった。しかしこの2つの呪詛を入れておくとじわじわと効くので、時々使っていくことになるだろう。
 六極砕破は主砲だが、さすがにテスト仕様の時より控え目な威力になっている。周天法+大周天でダメージ3500ほど、ダブル周天+昇気全開で4000ほどまで出る。看破・霧散・呪縛と白▲が景気良く吹っ飛ぶので最大出力を目にする機会はなかなかないのだが。
 奥儀はまだ未修得。


 目標であった知力600生命3000強は早くも達成している。あとはさらに生命を高めていきたいところだ・・・何せ一撃の重さがきつい。




呪屋・琥珀涼


 今では文句無しのナンバー2。並の盾をも圧倒する生命力と、高い知力による呪いが売りの呪屋も育成優先度の高いキャラである。例によって治療は副業。


 はじめ龍造寺家に与して戦ったが、後にこっちも大友家へ。今山1〜4は悠々とクリアした後の問題の鍋島直茂だったが、知人の大胆不敵な戦法により一番最初に鍋島撃破を成し遂げた。修験法力という特化の全てを出し切った死闘であった。

 耳川にはまだ一度も行っていない。誘いは頻繁にくるのだがその度に別の用事があったりしている。とはいえ、薬師の需要は高いので機会はいくらでもある。


 生産はそこそこ進んでいる。赤字確保の大投資によって争覇目録に入り、途中まで進めることができた。久々に、お守りが自作になる日々がくるかもしれない。万能薬はなかなか便利っぽい。


 修験法力の技能について

 良薬のことはわりとどうでもいいので省く。それに対して、修験法力は神技能の宝庫だ。
 般若験力は割合で攻撃力と防御力を下げる技能で、敵の攻撃力が高ければ高いほどその効果が高いという優れもの。痛恨の破壊力を持つ鍋島や島津義弘の一撃も、これがあれば半減できる。例によって後光が天敵だったりするが、入れることができれば神技能となる。
 蛇紋孔は超呪い。さすがにこれだけで全て削りきるというわけにはいかないが、絶大な継続ダメージを与えることができる良質な技能だ。鬼門で抜けたところにこれで呪いをつけることもできるなど、使い勝手も良い。
 奥儀はやはり未修得。蘇生技も悪くないが、やはり般若験力の全体版、般若護摩法に大いに期待。


 今一番大きく装備の見直しを図っているのが呪屋である。まず、槍使いの名を返上して杖を持つことにする。知力と属性値の底上げを図って、般若験力の成功率を上げるのが狙いだ。生命力は現状で充分過ぎるしの。後は防御力の底上げもしたいところだ。




ぶしどー・琥珀漣

 隠居者にもやることはある。杖作りだ。

 ・・・・・・・・・それだけ。でもそのために友好度2000稼がないと。やはり大友家でぼちぼち稼いでいる。


 技能について

 特化は当然まだ。兵法は半分そこそこまで修得。
 波紋両断が見た目も気に入り、威力もそこそこで技能としておもしろい。




そーへー・琥珀海

 紐の用がなくなったらもう完全放置・・・。







 まだまだ書くことが多くあるが、最近2アカフル稼働なのでなかなかのんびり書いてる時間もない(笑 いずれまたじっくりと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
めまぐるしい一週間であった 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる