琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS おつかれ?

<<   作成日時 : 2008/03/11 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まだまだ稼ぎが足りないものの、昨日今日とちょっとお疲れ気味だったので党首は面倒で、ぼんやり勧誘待ち。例によって中途半端な火力は野良狩り徒党では優先順位が低くてまったく誘われやしない。気合充填して党首極意を発動させなくてはいけないようだ・・・。






 争覇仕様になったら試してみたい徒党構成の一例。


1:武士道/軍学
2:鎧鍛冶/刀鍛冶
3:薬師
4:僧兵/密教
5:殺陣/能楽
6:忍者/演舞/武芸
7:仙人


 わしは3か7の部分に該当するわけで、もしかしたら時によっては積極的に2アカ発動で渚&涼のコンビで動くかもしれない。神秘石狙いとか2アカでやって入手率上げたいところだが・・・。

 コンセプトとしては、まず盾2に関しては言うことなし、基本。様々な局面に対応するために僧は入れておきたい。しかし陰陽と僧が組むと看破持ちの人数が減ってしまうため、5の神職枠に傾奇を入れてそれを補う。逆に傾奇が持たない解呪を僧が受け持てるという形だ。6の部分に関しては、僧が僧兵の場合は基本的に忍者、密教ならば破りを受け持ってもらえるため他のアタッカー又はサポート役も有り、ただし看破持ちが望ましい。忍法なんか入れたりすると、神職がいないことで抜ける援護役の部分を補えたりする。

 まー、個人的にはおもしろい徒党になるだろうと思っているのだが、この構成の根幹を成す4と5の部分に値する人員を見つけ出すのがまず一苦労だ・・・今のところは。ついでに、近しい知人にはやたらと神職持ちが多いため、あえてそれを避けて傾奇を入れる必要性もないわけで、実際には難しそうだ。いずれにせよ、争覇になったら党首極意を常時発動させて、各所から人材を発掘していくしかあるまい。

 それでも結局、身近な人材で掻き集めるとなかなかガチな構成になるわけで、基本はこんな感じ・・・


 仙人・武士道・鎧鍛冶・忍術・武芸・雅楽・神通


 迦楼羅以外の既存の敵ならほとんどに勝てる必勝徒党。面白味には欠けるが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おつかれ? 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる