琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 争覇における徒党編成

<<   作成日時 : 2008/03/08 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 まー、基本的に今までと大きく変わるようなことはないだろうが、多少の追加技能による影響も含めて改めて考えてみよう。





 まずはおさらいだ。

 最も基本的な徒党の構成は、盾が2人、神職が1人、回復が1人〜2人、サポート・アタッカーが2〜3人。強敵相手になると時として盾が3人にもなるが、まずはこんな感じで。それぞれの枠における候補は・・・



盾枠:武士道、軍学、鎧鍛冶、刀鍛冶、(武芸、鉄砲鍛冶、僧兵、忍法)

 後者4特化は特殊な部類で、限定された状況下でならば盾も可能というレベルであり、基本的には前者4特化から選出されるだろう。軍学は新技能により、武士道と互角近い性能になるかもしれないため、今までから一転して主力に食い込んでくる可能性がある。ダンジョンが主戦場の昨今、1徒党に1人鍛冶屋は必須なため、アタッカーに鍛冶屋がいるなどの特殊な場合を除き、侍+鍛冶屋での盾が基本となる。


神枠:神典、古神典、雅楽、殺陣、能楽

 要するに「詠唱付与」持ち。これまで、特殊な環境化では傾奇者もこなしてきた枠だが、今後は枠争いが熾烈となるだろう。ある意味、最も変わる部分かもしれない。神職には解呪や子守唄、傾奇には看破など、それぞれにはない特徴を持っており、どちらを取るかは状況次第となろう。また思い切って、両方入れて役割分担をする、というのも選択肢の一つだ。
 例えば、神典+殺陣/能楽などにして、一部を除いて基本的な神的仕事は傾奇に任せれば、今まで以上に神典は思い切って攻撃することもできるだろう。


回復枠:僧兵、仏門、密教、医術、神通、修験、(召喚)

 召喚はちょっと特殊だが、1.5人目の回復として働くことも可能だろう。争覇になったら回復力ナンバー1はおそらく仏門、次いで医術、それから神通となろう。残りは少し特殊な使い方ができそうだ。僧兵は文句無しにアタッカーとの掛け持ちができるし、密教も同じく。
 そして・・・修験もアタッカー寄りの回復となりうるはずだ。個人的には仏門と組んで、メイン回復を任せつつ呪い攻めとかやってみたい。身近に仏門メインの人がいないのだがの!


アタッカー枠:武芸、僧兵、神典、暗殺、忍法、忍術、刀鍛冶、鉄砲鍛冶、演舞、(密教、古神典、雅楽、殺陣、他)

 相変わらず、とにかく候補が多く、枠争いが熾烈なポジションである。括弧内は特殊な条件下において機能し、また他とは、その気になれば武士や鎧鍛冶でもアタッカーはできるという類のことだ。
 狩りでは、物理なら物理、術なら術で偏らせた方が効率が良いが、新技能で侍と忍者に「術による被害が増加する」技能が、陰陽師に「物理による被害が増加する」技能があるため、強敵相手の戦闘では、物理と術の複合アタッカー徒党が良いかもしれない。他にも色々な組み合わせの可能性があるはずなのだが、結局最終的には、最も効率的な組み合わせがどんどん優遇されていくようになるのであろうの。
 争覇は物理冷遇、というのが今のところテストでの見解だが、それも本実装でどうなるかは未知数だ。




 とにかく、当たり前の構成に囚われず、色々考えてみてやっていくのが良いと思うわけだ。

 例えば新ダンジョンの高千穂では、2つの徒党での攻略を行うことになり、時としてその徒党をさらに分断しながら進む場面があるようだ。そうなった場合、当たり前のように今の主流である回復1徒党で行くと、3つ以上に徒党が分断された時に回復がいない組ができてしまう。最初から14人集めて挑むならば考え様はあるが、7人徒党で挑み、他の徒党と後から組む場合、柔軟に対応するならこんな感じの構成が良いだろう・・・

 盾侍・盾鍛冶・神職・メイン回復・サブ回復兼アタッカーorサポート系・アタッカー&サポート×2

 例によって術攻撃が激しい場所のようなら密教が強く、または僧兵などが扱いやすいかもしれない。或いは殺陣か能楽に神典を合わせて入れて、神典にはアタッカー気味に動いてもらうか。そう考えるとさらに14人構成と思うなら・・・

 徒党1:盾侍・盾鍛冶・神典・殺陣/能楽・回復・サポート・アタッカー
 徒党2:盾侍・盾鍛冶・神職・回復×2・サポート・アタッカー

 これなら2つの徒党を3つに割っての運用もしやすい。実に編成段階で大変な話で、野良徒党お断りな雰囲気が漂っているが、上手くやれるようになればおもしろいだろう。楽しみなことだ。






 空2へ、能楽を主軸にした幽玄徒党で行ってみた。幽玄の謡から招雷・参連発。準備をしない分、死亡率が低いのがなかなか良い。さらにこの時、1丹で4個の宇宙の雫が出た。1つはわしの下へ。雫も大分相場が下がっていて、売っても大した額にならないので使うことにする。

 さらに空1へ。普段は仙人・忍者・武芸の組み合わせで行くのだが、この日は知人徒党で、仙人・暗殺・演舞で。暗殺の火力が武芸並だと、こっちの方が個人的にはやりやすい。まぁ、稼ぎはどっちの場合も同じくらい。




 ようやく漣を抜いて、渚の基本潜在Lv98・・・まだまだ足りない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
琥珀さん、こんばんわ('∀') 空ダンジョン前にて話しかけた陰陽師の沖田です。私も琥珀さんと同じく1st武芸放っておいたらいつのまにやら2nd陰陽師のが先に潜在、レベルともに1st追い越してました('-';)争覇で物理不遇となるとますます陰陽師ばっかり育ててしまいそうです。。。w(陰陽師のがおもしろいのでw)これからもブログ楽しみにしてますね。ではでは('∀')ノ
覇王の1陰陽師
2008/03/08 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
争覇における徒党編成 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる