琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 争覇の章@テストサーバー

<<   作成日時 : 2008/02/28 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は画像大増量でお送り致します。



 ほんとは行く気なかったのだが、やはり気になってテストサーバーを覗いてみることに。まず、使える環境にするまで5時間かかったがそれはさておき・・・・・・。



画像




 琥珀@テストサーバー。新しく作ったキャラなので名前は全然違うが。

 身につけている装備品は全て配布品で、新グラである。今まで「忍者刀」と呼ばれていたものが今後は「妖刀」となり、一部陰陽師も装備できるようになっている。その使い道は、後ほど・・・。

 色々あって、うむ、とにかく色々あるのでここで全部は書ききれないし、全部書き出す意味もあまりないので・・・わしにとってメインとなる仙人と呪屋に関するものだけをここでは載せていこうと思う。ぶしどーやそーへーはシラネ。

 いずれにせよ追加要素が色々あって複数キャラを動かすのはきついため、しばらくは完全に仙人と呪屋のみに集中するつもりである。




 というわけでまずは仙人に関するものから・・・


画像



 これは共通技能、真理5の技能。自動周天法? 従来の周天法の性能が全て受け継がれているのかが気になるところだ。



画像



 真理5の二つ目。新しい全体術。森羅万象もどき? ちなみに術の見た目は新モーションから森羅のようなエフェクトであった。新しい技能はどれも新しいモーションで繰り出すのだが、そのモーション自体は一種類しかないようで、ほぼ全部同じような動きをしていた。



画像



 真理5の三つ目。これ個人的には目玉技能。何と言ってもわしは《煉気掌使い》、物理攻撃の威力が上がるのは歓迎である。どの程度上がるのかは、まだ不明だが。ちなみに雑魚相手に使ってみたところ、この技自体にもダメージがあるようだ。



画像



 真理5の最後。これが新たに「妖刀」が装備可能になった要素である。どの程度の影響があるかで、使えるかどうかが変わってくるであろう。個人的には、懐剣術極意の恩恵が受けられる打棒とどっちを使ったものか悩みどころである。


 さてここまでが共通技能。何やらもう古い技能は完全にいらない感じになってきているが、そんなのはいつものことなのでいいとして。

 次はいよいよ仙論5の技能。



画像



 仙論5のその1。複合呪霧。両方まとめてかけられるというのは嬉しい技能である。最近の敵は自身に呪詛がついているのを嫌って解呪を選択したりするため、敵の行動を間接的に阻害する役目としても優秀であろう。武将タイプ相手では、例によって後光が天敵となろうが・・・。



画像



 仙論5のその2。おそらくは五雷法の上位技。消費気合も同じ、全気合の50%なので、完全に取って代わる新技と言えよう。



画像



 仙論奥儀のその1。超威力の攻撃術。試していないので威力は未知数。奥儀は1戦闘中に1度しか使えないので、それに見合うだけの威力はあってくれるものと思っている。



画像



 仙論奥儀のその2。知力に応じて強くなる大周天といったところか。これを使うと、新たに実装された「レベル2」という部類の白▲がつく。従来の▲よりもひとまわり大きな▲である。そこにどんな特性があるのかは、いまだ不明。少なくとも、従来の▲でレベル2の▲の上書きはできないものと思われる。

 奥儀は1つしか実装できないので、どっちを取るか非常に悩みどころだ・・・。一撃にかけるなら天仙が強かろうが、最大限の知力付与をしているわしにしてみれば、知力の影響を受ける術威力アップ付与というのも捨てがたい。ちなみに2つ目の奥儀の効果時間は、だいたい大周天と同じくらいと思われる。





 さて、次は呪屋絡みの新技能だ。まずは共通技能。



画像



 良薬5の一つ目。特に言うべきことなし。たぶん使わない・・・。



画像



 良薬5の二つ目。順当なところであろう。今でもそうだが、完全にデフォルトで実装しておかんと今時は治療が追いつかない。



画像



 良薬5、ここからが新しい感じの技能。これは複合呪いだ。呪いはなかなか強力で、おそらく禁呪なみであろう。一見、修験のお株を奪うような技能だが・・・・・・フッ



画像



 良薬5のラスト。治療+活身という新技。それぞれがどの程度の効果があるのか、詠唱付与で準備をなくせるのか等はまだ検証していないので不明。準備を消せるのならばなかなか使える技能になるのかもしれない。




 共通技能では、僧に蘇生が実装されたようで、薬師としては絶対的優位は崩れたわけだが、まぁ些細なことであろう。

 さて、ここからは特化だが・・・まずは一言。

 修験万歳!!

 では見ていってみよう。



画像



 一つ目。単体とはいえ、これは黒呪だ。割合で低下ということは、攻撃力防御力が高い敵ほど有効ということであり、ずっとほしかったら強力な呪詛ということになる。実際どの程度のものかはまだわからないが、少なくともまずほしかった技能が手に入ったと言えよう。



画像



 二つ目。超強力な呪い。これは本当に強力である。軽く試してみたが、良薬に実装されている新技「毒飼」と比べておよそ2倍。そして数字的に見てそれは、裏鬼門の呪い効果の2倍の威力を持っている。もしも効果時間が裏鬼門なみにあれば、最後までいった際の総ダメージ量は4000にもなる。さらにこれに練呪を重ねれば・・・。あとは、詠唱付与で準備が消えるかどうかが気になるところである。できたらまさに待ち望んでいた技能である。



画像



 奥儀その1。蘇生して五輪を飲ませる技。正直個人的には微妙だが、おもしろいと言えないこともない。



画像



 奥儀その2。こっちの方が修験の奥儀っぽい。使うならまずこっち。これも「レベル2」という言葉が使われているとおり、従来のものよりひとまわり大きな▼がつく。これはまさに敵が使ってくる非常に厄介な技、黒呪の霧そのものである。あとは「レベル2」というのがどの程度のものなのか・・・もし通常の解呪では治らないとかならばまさしく奥儀に相応しい。「レベル2」の技を解除できるのは「レベル2」の解除技だけ、とか。まぁ、その辺はそう遠くない内にわかるであろう。ただ、今はそう思って期待していたい。





 仙論の方はまずまず、修験の方は理想的な技能実装で、今回はなかなか満足のいくテストができた。あまり本格的にテストサーバーで動き回るつもりはないが、これだけの情報を得られただけでも上々であった。他にも色々な追加要素、修正要素があり、総合的に見てそれらは好感の持てるものが多かった。争覇がかなり楽しみになってきた。しかし、追加潜在能力は・・・・・・Lv100じゃとてもとても足りぬ・・・Lv200くらいは目指さねば・・・。

 ついでに、生産目録もすぐに入手できたので、気になる新グラ装備を一部見てきた。


画像


画像



 これが陰陽師の服の新グラ装備。これと同じ見た目の服が二種類ずつあった。一番最後のいい服は基本防御力が67で、1.5倍で100になる可能性を秘めている。他の要素も合わせて、防御力に関してはかなり上昇することになるようだ。




 さて、まだまだ語りつくせないことが多いが、今日のところはこの辺で。あまりわかりすぎても本実装の楽しみがなくなってしまうし、新技能の詳細がわかっただけでもよしとしよう。

 ま、何はともあれ・・・・・・今は潜在上げ・・・Lv200まで、残り108・・・ってなげーーーーー!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
争覇の章@テストサーバー 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる