琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 決戦八雷最終章其の二・仙人vs大雷

<<   作成日時 : 2008/02/03 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 やれやれ、一度途切れるとダメだな・・・またいつ以来やらの、今年最初の更新。争覇の章まで二ヶ月を切ったところで・・・。




 おなじみのシリーズもここへきてやっと、ようやく、いよいよ大詰め。

 実は数日前にも一度挑んでいるのだが、その時は敗退して、今日改めて誘いがあったので行ってきた、vs大雷。今となっては通過点の1つに成り下がってしまっているこの敵だが、かつては最終目標にと定めていた強敵である。

 構成は・・・仙人、武士、武士、鎧鍛冶、暗殺、雅楽、神通。3盾1サポ1アタッカーということで、仙人の一人アタッカーだ。

 結論からいって、一発で勝利。特に危なげなく。屈強な盾衆の前では、この旧時代の敵のお供の攻撃などはそよ風に等しく、問題なのは大雷の攻撃と、黄泉醜女の死香くらい。仙人は例によって、煉気掌と五雷法を使い分けて敵を倒していき、時々絶と縛でサポート。蘇生を一発絶で止めたのと、鍛冶殿の極みが消えて気合もない時に縛を決めた辺りはわしグッジョブ(自画自賛)。

 何はともあれ、これでちょっと遅れていた仙人がぶしどーの方に追いついた。(といっても漣が大雷を倒した時はまだ武芸だったが) あとは空2国〜天もやっておかねば。星野山地下十階は仙人的にはどうでもいいので、そっちはぶしどーか呪屋の領分だ。




 大雷を倒した後、そのままイザナミにも一戦挑むことに。さすがに大雷を危なげなく倒した徒党だけあって、かなり安定して戦えたのだが・・・一匹追いつめたところで魔の祝福をされ、その後改めて攻めようという辺りで鍛冶殿が死香で倒れ、忍者殿も死に、全員瀕死の中、旗折れで終了。いくつか対処法は頭の中にあるが、それらを実践するにはもう少し検証が必要そうだ。イザナミ打倒はもう少し先になりそうである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決戦八雷最終章其の二・仙人vs大雷 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる