琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 眩迷の浅瀬

<<   作成日時 : 2006/12/28 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まだまだ続く実験の数々。

 まずは、修羅の効果は槌にも影響するのか? 答えはイェス。ほぼ同じ知力の属性無し装備と、雷装備でそれぞれ雷槌をかけて煉気掌をしてダメージを計ってみたところ、雷装備の方が強かった。ちなみに、完全知力装備で同じように雷槌をつけてみたら、そっちの方が雷装備より遥かに強かった(笑

 もう一つ、武器の攻撃力はどの程度煉気掌に影響するのか? ちょうどいい具合に、ヤタガラス連銃なんてものがあったので装備してみたところで、近接攻撃扱いである煉気掌も普通に使えた。武器の近接・間接は関係ない模様。また武器無し状態と武器有り状態でのダメージもそれぞれ図ってみたが、大した差は見られなかった。

 雷装備の時の結果と、武器の件の結果から導き出される結論は・・・・・・何はなくともとにかく知力! 技能説明のまんまである。しかし攻撃力の方も補助的な役割程度は果たしているようなので、戦闘の時は知王と合わせて熊王も飲んでおくと良いっぽい。

 さてこれを踏まえた上で・・・・・・生命力3000と知力500の両立は可能か? 答え、何とか可能である。現時点で生命2950と知力480という数字の両立ができている。杖と頭装備を強化して、紋所の知力を全開にし、蛇神の管玉を手に入れればいける、はずだ。ただしこの装備は、サポート能力をほぼ全て捨て去るものだ。完全アタッカー仕様だの。ちなみに周天法・極>大周天>五雷法×3のダメージとこの装備での煉気掌×5で与えるダメージは前者の方が高いが、看破や霧散の影響を受けないという利点があり、また気合ダメージも蓄積すると馬鹿にできない効果を発揮する。難点は回避される可能性があることだが、そのリスクを差し引いても決して非論理的な戦法ではないはずだ。





 こうして段々と党首をするのが当たり前になっていくのだろうか・・・。

 自ら人を集め、いざ眩迷の浅瀬へ。面子は・・・仙人・忍術・武士道・刀鍛冶・古神典・密教・医術。火力不足が少々きついが、根性で乗り切ろうと行ってみた。

 まずは一角馬。45の虫による気合削りが激しいものの、意外と柔いと聞いていた1から狙ってみることに。たまに標的ランダム化の技がきて、2やら3やらに攻撃が飛んだりしたものの、何とか1の撃破に成功。そこからはかなり楽になって2>3>4>5と上から順番に始末していって勝利。

 続いては大海王、通称イカ。これがまた何というか・・・・・・地味に強い。特別これがやばい、という感じの技は1の結界破り技くらいなのだけど、色々なダメージが蓄積していつの間にか追い込まれている。また逆に追い込んだ時に準備無し治療+活効果の技を連発されて倒しきれず、この徒党の火力の低さが弱点となって出た感じであった。あと、地味に厄介なのが金縛り。次に極み、滅却というところで鍛冶殿、武士殿が喰らってその直後の痛い奴の攻撃で死亡、というパターンが何度か・・・反則技ばかりでなく、こんな小技も器用に使いこなすとは、敵も侮れぬ・・・・・・。結局6戦6敗で撤収。



 沈黙が必須と聞いていたのだけど、案外沈黙はなくてもいいかもしれないとも思った。密教の孔雀があることが前提になってしまうが、それで痛いのに縛を入れながら、アタッカーを増やして殲滅速度を上昇させる。今回は完全アタッカー装備で縛を捨てていたのだが、6戦目で思い切って使ってみたら普通に入ったので、4に縛粘着もありかもしれない。

 何にせよ、次は勝つ。そしてたぶん次もわしが党首・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眩迷の浅瀬 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる