琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 落とし穴

<<   作成日時 : 2006/12/23 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ジレンマだな・・・これは・・・・・・。



 昨日の続き。煉気掌で時々入る特殊エフェクトはやはり剣気みたいなクリティカルヒットで間違いなさそうだ。その状態の時の方がダメージが僅かに大きい。

 毒の発動は確認。

 準備に対する気合削りはあまり過信しない方が良い。龍隠クラスの敵だと並の術に当てても止められず。上位術、完全系ならばおそらく止まる。敵の気合の状態を見ると良い。2000〜2500程度の気合ならば確実に削れる。



 さて、そんな煉気掌を実戦投入すべくやってきた龍隠門だったが・・・・・・ここで一つの問題が発覚した。煉気掌の威力を上げるにはひたすら知力を上げるのが良い。しかし知力をあまりに上げすぎると絶、縛などの技能の成功率がかえって下がってしまう。これは以前からある問題で、白呪詛系の技能はある一定の知力を超えると逆にその成功率が下がってしまうのだ。つまり知力400で沈黙や縛が入る相手に、知力を500まで高めても意味はない。されど煉気掌の威力は知力400と500ではかなり違う。さて、仙人的にはどちらを優先して考えるべきなのか。

 サポートしながら時々攻撃をするのには、煉気掌は五雷法よりも使い勝手が良いのだが、サポートメインでいくならあまり知力を上げるわけにはいかない。完全なアタッカーもーどでいくなら普通に五雷法を使った方が強い。あと、準備に当てた時の気合削りも知力が高いほど大きい。400程度の知力じゃ気合3000以上の敵の術は止められない。まさにジレンマだ・・・・・・。

 で、結局今日も獏神には勝てず・・・。黒呪が通るのとどうにもならずに崩れるな・・・・・・特に武士がいないとどうにもならない。今日の盾は刀+軍学だったのだ。沈黙を切らさずに、ということだったのだが後光やらで完璧にとはいかず。ただおもしろかったのは後光されて沈黙が効かない時代わりに篭絡をしたのだが、その時敵に向かって黒呪が放たれた。あの時はなかなか笑ったさ。

 いい加減渚でもここを突破しないな・・・・・・。



 その後、知人に誘われて涼で海ダンジョンの1つ目、眩迷の浅瀬へ行ってきた。基本狩りだが、ここがなかなか熟練度がおいしい。ここに狩りに来る人が結構いる理由もわかった気がする。だから早く、渚で来たいのだが・・・。

 あと、ここの音楽はまったりしていて良い。陸の2ヶ所はどちらも暗いからのぅ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落とし穴 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる