琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 新グラ装備

<<   作成日時 : 2006/12/20 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 新しい杖を購入したのをきっかけにトップ画像変更。今度は渚である。装備しているのが新しい杖、雷輝石杖。初期から土属性+20がついている優れものである。これは入魂されて+26になっており、12の石を2つ入れて+45にまで高めた。これで総土属性付与+170、修羅6振りでおよそ200余りのダメージを万雷や雷斧に上乗せできるわけだ。狩りでの破壊力大幅アップ。仙論の場合、ボス戦だと関係ないが。

 ちなみにこの杖、見た目も新しい。が、四種属性それぞれありながら杖の先端についた水晶の色は変わらず(笑



 今回は新グラの装備がたくさんだの〜。でっかい買い物をするのは、色々な装備の見た目が一通りわかってからにした方が良いかもしれん。ドロップ品の中でも特に、斧なのだけど刀の見た目でごついのがあったのだけど、あれがなかんか良い。

 刀と槍を新しくするのは、もっとずっと後にするとするか。



 さて今日は話題が少なめなので、技能が一通り明らかになったところで、旧職21特化の第四目録の優劣について論じてみようか。

 まずアタリ組は・・・武芸、僧兵、神典、召喚、この辺りだと思われる。特に僧兵と召喚は、今まで課題となっていた火力面での強化がなされている。神典は攻撃技能が多彩になり、武芸は貫通力をさらに高めた。

 ハズレ組に関して論じるのはやめておこうか・・・虚しいだけだ。

 どっちとも取れない微妙な感じがするのは・・・武士道、陰陽道、刀鍛冶、鉄砲など。武士は目玉と思われた真剣勝負が消費気合が大きすぎて使い辛過ぎるとのこと。我武者羅・改は逆に消費気合が減ってなかなか悪くないように見えるが、難しいところだ。陰陽道の宿曜星降は気合付与によって威力を高めるものだが、これが今迄の主技能にあった五芒陣や森羅万象と対極にあるため二者択一になりそうである。威力は申し分ないと思われるが、対象がランダムという点が使い辛いところか。刀鍛冶には守護抜け技でアタッカー能力を強化、なのだが果たして・・・というこの技に、怒りの拳で溜めたダメージが乗るのかどうかが気になる。たぶん乗らないか・・・。鉄砲の発破射撃は溜めて撃つ超威力の一撃。ただしはずれる・・・同じターン数零距離を撃っていた方がいいとの意見もあるが、太極陣がそうであるように、敵に回復の隙を与えずに一気に倒せるのがこの手の技の利点であり、そういう意味では使いどころもあるかもしれない。

 他にも色々あるが、気になったことはこのくらいか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新グラ装備 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる