琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 不入山冥境

<<   作成日時 : 2006/12/17 02:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 陰陽師は・・・・・・・・・・まっっったく誘われん。

 密かに作った新キャラ(結局僧にした)を育てながら希望放置しておいてもまるで龍隠門への誘いなんかきやしないさ。仕方ないから、漣で陸ダンジョンの2つ目、不入山冥境に行って来た。今日からこの新ダンジョンも新しいカテゴリーにするかの。まー、八雷の方みたいな感じにはしないが。





 武人・陰陽道・武士道・鎧鍛冶・忍術・古神典・医術でやってきた不入山。



 まず最初に立ち塞がる敵は魔鬼。これがまたいきなり手強い。1の殴りは普通に強く、2は刹那一閃という守護抜け技を使いしかも痛い(後衛は3000くらい喰らう)、3が一所に加えて霧散や沈黙の霧をやたらしてきて、45が狙撃針で後衛をがんがん狙ってくき67が回復系。2が厄介なので最初に倒そうと思ったら鬼回避でまるで当たらず、太極で倒すも他の攻撃で壊滅させられる。

 2度目3度目は沈黙の霧や霧散が厄介な3から狙うも、やはり後衛から狙われて崩される。なので4度目に至った結論は、やはり狙撃針を持つ45から倒すべし、ということ。わしの殴りと光芒・華で順次倒していくと、今度は安定。蘇生の連発を通されるも、順調に数を減らしていって、撃破。いきなりの強敵であった・・・。


 しばらく探検して、大ボスの弱体アイテムを落とすと思しき敵を見つける。厄介な術を連発してくるも、全体的に弱いので問題なく撃破。弱体アイテムらしきものは出なかった・・・。


 それから強行突破でボス方面を目指す。次に立ち塞がるのは禍神の使い。準備無し赤呪詛付き全体術を使ってくる以外は特に警戒する必要のない敵。ただし減殺しても800〜900喰らう術なのでない場合は注意が必要。けれどその術を撃ってくる1は意外とお馬鹿なのか、沈黙がぽんぽん入るのでそれも一つの策。


 そして不入山最後の敵、魔龍。これは結論から言って、激強ッ!

 1は打撃もさることながら準備無し全体術が二種類。片方は清明30%ダメージ技で、もう一つは緑呪詛付き。2の鬼は回復系なのだが、打撃も当然痛い。3の鬼はひたすら痛い。4はここ不入山ではおなじみの白骸骨で、刹那一閃がくる。そして最も厄介なのが5。まず妖霧とかいう霧散+鬼門(呪いは強力な上永続!)、他にも準備無し単体術が2000そこそこ喰らい、さらには打撃も強くまるで死角がない。沈黙や催眠もかなりレジるので手に負えない。ちなみに弱体アイテムがあると、この5がいなくなってくれるらしい。唯一の弱点は柔いことだが、打撃は生命100%吸収である。

 結局3度か4度挑んでまったく敵わなかった。というかこれは僧がいるな・・・呪いやばすぎる。神通でもありだが、速効活力を使う勇気が必要だ。



 不入山の入り口と大ボス直前の中ボスは一度倒せば次からパスできるようだ。ちょっと最初の魔鬼とかはあまり何度も戦いたくない敵なので、ありがたいと言えばありがたい。とはいえしばらくは、いきなり魔龍に挑める徒党を作るのは難しいか。




 最後に、今日の戦利品。見た目は今年の東西戦の報酬の棍棒と同じだが、これは槍である。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不入山冥境 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる