琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS まー、考える時間はまだ・・・

<<   作成日時 : 2006/11/19 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 修験法力の四ー。

 邪念霧散・弐・・・全体化じゃないらしい。本来の性能である挑発解除に加えて、挑発耐性をつけるとか。要するに軍学にある自制心の後付け技能か。武将戦で使えないこともないが、やはりあえて枠を潰してまで入れるほどかどうかは・・・。

 仏滅密呪・・・敵全体の呪詛耐性の上昇を打ち消す。これだとわかりづらいが要するに、後光潰し。・・・・・・仏滅を入れ、その上で呪詛を入れろ、と? 薬師が! 2ターンも! 治療せずにのんびりあれこれしてるほど暇なわけねーだろうがっ!! いや、そりゃたまには鬼門から練呪を即座に入れてるけど・・・。やるとすれば沈黙役の補佐という形だが、正直微妙過ぎる。武将系専用だし。

 ふぅ・・・・・・所詮、修験は修験という立場に代わりはないということか。最後の天狗法力もダメ技能だったらマジで修験終わるかも・・・。良薬参、四にある技能は全薬師共通なわけだから特色を出す上ではいまいち・・・。でも、医術の全体救護、神通の全体生命付与と、薬師の特化四はいずれも最後に本命があるので、天狗法力にも期待しよう。とか書いてる間にも誰かテストサーバーで修得してたりしないかの?

 修験終わったらどーしようかのぅ・・・物理攻撃力のインフレには正直ついていけないから武芸は諦めの境地に入ってきてるし、やはり仙人か? 渚なのか? 傾奇者は腕力の伸びが悪くて攻撃型で作ってもやはり予想どおり僧兵とどっこい程度だしのぅ、これまた物理のインフry。かといって完全サポ寄りな職はわしの好みじゃないし。



 まー、考える時間はまだまだあるのでのんびりやるとして、さしずめ今はどう転んでも対応できるようにお金を貯めておくことか。

 それはそうと、潜在能力で上げられる能力値の上限がかなり上がるわけだが、そのために必要な膨大なポイントを考えると、それら全てにポイントを触れる人間はごく一部、ぶっちゃけ廃人のみということになる。せっかく付与限界等で常人と廃人の格差を少しばかり埋めたと思ったのに、再び大きな隔たりができそうだ・・・。



 どう転んでもほぼ隠居状態決定っぽい漣は郷に引きこもらせることにして、お金とか薬とか全部涼に渡して稲葉山から撤収。今後は知行生活・・・。

 と思ったら郷に戻ったところで知人が徒党組んでてよーまじんへ行くというのでそのままついていくことに。しばらく適当に狩った後、市が始まったので再び涼に切り替え。

 切り換えたところですぐに別の知人から星野山地下五階の誘いが入ったので行くことに。いつもとはちょっと違うルートでスイッチを押しながらボスのところへ。第1戦は1を野放しにして攻撃的に行ったものの、鬼呪連発に加えて鬼火ががんがん飛んでくるのが如何ともしがたく、往生から立て直そうと思ったら盾が2人とも死んでそのまま負け。

 第2戦に向けて移動中、河童5体に絡まれる。陰陽殿が一人だけボスから逃げてておらず、全員ボスもーどのためアタッカーが忍者殿一人という状況で河童如きに苦戦する羽目に(笑 河童の水薬は面倒な技能だ・・・。倒した後、改めてボス第2戦。今度は陰陽殿がメインで攻撃して、忍者殿は1痺れ。舐め回しや防御呪霧から盾がやられることが何度かあったが、上手く持ち堪えて敵を減らしていく。一度完全全体を通されたものの、攻めて攻めて減らす。最後ボスだけが残ったところでその攻撃が巫女殿を直撃、ついでに詠唱無しという状況で準備蘇生をすることにはなったが、撃破成功。というかそんな事態になったのは、武士殿が終盤寝落ちしていたからなのだが(笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まー、考える時間はまだ・・・ 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる