琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS ふらいでーないと

<<   作成日時 : 2006/10/20 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 結論から言って、昨夜の析雷には負けた。かなりいけそうな流れだったのだけど、極みが切れた鍛冶殿に螺旋大車輪で一発乙、立て直そうにもそういう時に限って忍者殿の痺れ斬りが連続ではずれるなどでカラクリがぐるぐると回りまくる。粘ろうとしてみたが、鬼の攻撃を1回2回とわしが喰らって乙。ちょっと惜しい1戦であった。

 自分が突破するための戦いじゃないと、結構気楽に楽しめてよいものだ。はじめて涼で魔犬、析雷とやった頃は緊張しまくっていたのだが、昨日は余裕を持って戦えた。ついでに、修験の戦い方に関してまた一歩前進した感じ。やはり攻撃呪詛・四の効果は大きい。魔犬戦で2の番犬に常時入れておいたが、そうすると高耐久装備をしていない後衛が喰らっても1000そこそこのダメージに押さえられる。呪詛が入った2よりも通常状態の6や7の方が明らかに痛かった。盾の生命に余裕がある時は、治療を後回しにしても痛い敵に呪詛をばらまいた方が効果が大きい。昨日の徒党は特に、援護が3枚あったこともあって武士殿、巫女殿、忍者殿の3人を結構瀕死状態で放置したりも。敵の攻撃力が下がれば極みをした鍛冶殿が受けるダメージは半減し、全体治療で充分に回復が間に合うのだ。

 まー、積極的に呪詛を配っていくためにも、やはり個人的には回復2人の構成が好きではある。



 さておなじみの金曜の夜・・・なのだが。相変わらず人は多いが、それゆえ余計に、徒党からあぶれると侘しいこと・・・。珍しく大雷徒党が大声なんぞ出していたが、該当する職はわしにはいなかった・・・残念。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふらいでーないと 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる