琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱戦

<<   作成日時 : 2006/10/01 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日の星野山から帰った後にTDへ行き、久々に幻影館で仁衛門>狸と倒して完全クリアをした。仁衛門戦では最初、陰陽道と仙論のアタッカーコンビの連携がずれて、一気に仁衛門を倒しきることができずに、五連撃・改の連発で軍学>鍛冶と立て続けに死んだり、その後も神主殿が死んで準備蘇生をしたりと慌しい感じに。狸の方は、術止めが一人しかいないためがんがん全体術が飛んできて、呪屋ともあろうものが治療に徹する羽目になったわぃ、全体魅了も飛んできたしの。近場でもそれなりに熱戦を楽しめるものだ。

 それが終わって公式を覗いたら、田倉崎ではちょうど本陣攻めができそうな雰囲気だったので出向いてみたら、今まさに本陣へ突っ込もうというタイミング。そのまま囮に行き、その後しばらく皆ネタで足軽を狩りつつわいわい騒ぐ。安宅のつるべ2連発で壊滅したというので、再度送ることに。今度は三好長逸の方にとりついたのを見届けて就寝。後で見たら倒してなかったようで、家老試験の面々は残念。また次がんばれ、ということで。



 土曜の夜ということで徒党はたくさんあるのだが、わしのところへ声がかからなければ何も意味はない。そんな状態でしばーらくぼーっとしていたら、漣の方に誘いが。星野山地下九階へ行くことに。

 わしが先導役をこなしてボスまではすんなりと。ボスの黒風丸は、1戦目は開幕霧散で極み飛んだ後に犬の攻撃で鍛冶殿死亡から壊滅。2戦目は霧散の後に極みを入れたらその直後に防御呪霧で、そこは乗り切ったのだけど、治療をまわしている内にヘイトを取りすぎたか、旗に攻撃が集中して乙。3戦目は前2戦の苦戦が何だったのかというくらいあっさりと撃破。ほんとにここは、開幕安定させれば簡単だの。

 続けて地下十階、堕ちた召喚士。密教がいたので、前に来た時よりもかなり手応えのある戦いになったものの、一度全体完全が通り、次の全体完全は止めたものの、さらに完全治療がくるところで陽動され、鉄砲の狙撃だけでは止まらずに通される。結局1体も倒せないまま、押され押されて全滅。手応えはあったが、やはり手強いさ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱戦 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる