琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 職業ばらんす

<<   作成日時 : 2006/09/13 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大和はぎりぎりで踏み止まったようだ。次は・・・苦しいかもしれんの。


コメント返し

>あかね屋さん・・・なかなかハイテンションでしたな。まー知人徒党はどこもあんな感じでしょう(笑 新章のあれこれは、よしあしはさておき、新しいものというだけである程度は楽しめそうですな。



 新章の前に、細々とした調整も入るようだ。開発本陣からの情報で、ワープ機能の早馬、クエボス待ち時間廃止、怪我時間短縮、付与石の店売り価格調整・・・どれも今さらな感じもするけれど、だからといってこのままずっとないのも問題という部分も一部あるので、まー良いのではなかろうか。特に黒様や伏公に関してはこれで・・・・・・・・・5徒党35人が同じ場所で同時に戦闘してる状態って、すごそう・・・。



 さてさて、先の話になるが、昨日の続きで、8番目の職業追加で崩れるかもしれない徒党バランスについて考えてみよう。安泰っぽい方から順番に・・・。

安泰度A
 神主・巫女・・・ごく一部の例外を除いて、ほぼ絶対1徒党に1人という職。戦闘・野外双方における気合管理、回復をスムーズにするための詠唱付与、その他各種サポートを行うこの職なくして徒党は成り立たない。おそらく傾奇者も、この立場を脅かすものにはなりえまい。
 鍛冶屋・・・有り体に言ってしまえば、修理屋。ダンジョンなどで長時間連続しての狩りが主流となった現在では昔と違って、途中での修理が必要不可欠。この立場も絶対である。もちろん戦闘面でも、いくら武士道が強くなったと言っても盾鍛冶の安定度は高い。アタッカーとしても、やりようによっては優秀である。

安泰度B
 薬師・・・徒党の中心、という当然のような認識が以前はあったが、最近は僧で代用が利くケースも多いのでBに。特に、高速回転が求められる狩りでは、攻撃能力の低い薬師を切り捨てる人も結構いる。それでも、回復能力と、何より蘇生ができるという強みは健在であろう。
 ・・・回復以外のほぼ全ての面でマルチに活躍できる万能職。いなくても徒党は成り立つが、いた方が数倍便利である。

安泰度C
 忍者・陰陽師・僧侶・・・その他。ぶっちゃけあぶれるとしたらこの辺りであろうの。今でさえ徒党内での席を取り合っているわけであるし。

安泰度未知数
 傾奇者・・・当然、新しい職だからといって絶対に既存の職に取って代われる保証はどこにもない。実は使えない存在だということになれば、そのままということも・・・。

 何にしても、実際にテスト段階に入るまで我々にも何もわからないのだから、これ以上は考えようがないわけで、考えても仕方のないことなのだが。一つだけ言えるのは、新章を機にまた少し人が増えてくれないだろうか、ということだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
職業ばらんす 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる