琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 武芸十八般

<<   作成日時 : 2006/09/08 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週の宇治では大敗だったが、浅井の援軍もあってか今週は引き分けで粘っているようだ。或いは首の皮一枚繋がる可能性もある、ということか。


コメント返し

>竹さん・・・わしが涙手に入れる頃には戻ってきてほしいの〜、なんて(笑 まぁ、遊びはその時その時で一番楽しいことをするのが良い。今年前半のわしがそうであったように。またそのうちの〜。




 今日も今日とて星野山へ出かけ、宇治はほったらかし。でも一応漣は戦場に常駐している。

 その漣だが、侍というのはほぼ全ての武器を使用可能という特性がある。そこで最近は、色々な武器を持って遊ばせてもらっている。

 まず薙刀。これは大薙刀・攻撃力110腕力20というなかなかの良品があるので、これさえあれば二刀など使わなくとも蜃気楼、叢雲堂、千引辺りなら充分な攻撃力になる。昔から主に盾もーどの時にこれで、生命吸収もらって自力回復し、盾としての性能の低さを補う。

 続けて弓。あまり良い性能のものはなく、矢倉弓・攻撃力50腕力14という適当なものだ。利点はゲリラ取り付きの武将で、援護射撃が使えるという点。狙い撃ちで鉄砲の狙撃と同じような仕事ができる。乱れ撃ちもなかなか。ただ攻撃力100の炸裂弾を使っても武将・侍・鍛冶タイプにはキャップダメージに届かないので、火力不足か・・・。陰陽師らと組んでの狩りで乱れ撃ちをするとなかなかおもしろい。

 次に今日知人から受け取った鉄砲。稲富連銃・攻撃力155は、ずっと前に使ってた三連銃が130くらいだったことを思えばなかなかのものだ。まだ実戦で使うのはこれからだが、しばらく武将はこれだ。劣化鉄砲鍛冶と言うなかれ、火力は若干落ちても看破という絶対優位な技能に加え、神職が割れても安心な鼓舞があって色々立ち回れるのだ。攻撃力に関しては剣気隆盛もあるしの。

 最後は当然メインたる二刀。あれこれ語る必要もあるまい。



 さてこの台詞をもう何度言ったかも忘れたが・・・来週辺り、いよいよ今度こそ大雷戦・・・・・・・・・かも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武芸十八般 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる