琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 決戦八雷!〜武人vs火雷〜

<<   作成日時 : 2006/07/02 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 シリーズ第八回。今回大変だったのは戦闘そのものよりも徒党編成であった。何故って、火雷希望の人がさっぱりいないからだ。基本的に伏雷を倒した人はそれほど苦労せずに火雷を倒せてしまうため、そこで停滞してる人は少ない。現に、伏雷を一緒に倒した人の内数人は早くも倒してしまっていた。結局希望者は4人で、残り3人はイザナミ宮に行ける人に色々当たって手伝いを頼むことに。

 編成は・・・武芸・武士・鎧鍛冶・暗殺・雅楽・仏門・医術。経験者が3人いることもあり、構成的には死角無しといったところか。

 結果から述べると、危なげなく撃破。

 決して弱かったわけではないが、あれほど苦戦した伏雷と比べると、なんとも呆気ないものだ・・・。暗殺殿も痺れ殴りもーどでいけるだろう、ということだったが、万全を期すために沈黙もーどにしてもらった。お陰で完全回復も通すことなく前半戦を乗り切った。途中、神主殿の子守で3体寝た時は熱かった。

 個人的な話だと・・・2の攻撃で生命力1桁にまでなるダメージを受けたり。6の攻撃でも2200とか喰らって危なかった。あー、火雷の反撃も1度受けたのぅ(笑 アタッカーも生命力が大事というのを身をもって体験したのであった。伏雷の時よりは下げて大丈夫だろうということで、伏の時より生命力−200の腕力+13で挑んだのだが、危ないところであった。状況的にわしが死んで崩れることもなかったろうが、せっかくためこんだ鬼気が切れたら面倒だった。で、火雷本体だが、何ともタフなことで。大物主よりも堅かった。6倍鬼気で剣気のって1700そこそことは・・・まー、暗殺殿の滅殺と一緒に削っていったのでわりと早く決着がついた。最後は少々ミスって蘇生を1つ通したりもしたが、問題なく一発撃破。



 そして辿り着いたイザナミ宮。まだここが最終目標ではないが、この先はさらに一段二段ハードルが高い。ここでまずは一段落といったところか。大雷には、のんびりと挑むさ。まずは挑むためのアイテムから手に入れねばならぬし。

 次は涼の黒雷打倒だ。ついでに、漣でも一度黒助と再戦しておきたいのだよの・・・何せ倒した時には2時間脱兎で、白黒はついていないのだから。今度こそ完全勝利をものにしたい。ので、もし黒退治でアタッカーがいない時は、お誘いあれ。それ以外に魔犬でも析でも伏でも火でも、時間に余裕のある時ならいつでも誰でも手伝うぞよ。根の国の鳴、若、析、土ともやりたいところだの・・・火倒してしまったからどれかとは確かやれないのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決戦八雷!〜武人vs火雷〜 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる