琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 決戦八雷!〜これまでの道のり編〜

<<   作成日時 : 2006/06/15 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 シリーズ“vs八雷”の話。

 まずはじめに・・・本当はタイトル「イザナミを倒せ!」とかにしたいのだけど、攻略サイトの情報とこれまで自分で戦ったことのある敵との比較検討から、あれを倒せるのは廃人級固定徒党のみと判断した。はっきり言ってわしでは、自身の装備的にも、共にそこへ挑む仲間的にも無理であると思われる。もしかしたら、上手く行けば大雷までなら倒せる可能性は無きにしも非ず、ということでこのようなタイトルとなった。というわけでこのテーマの究極目標は、大雷打倒である。
 長く険しい道のりである。正直、まだ道半ばの現段階で早くも挫けそうなほどに遠い。「貴様には無理だ」という領域の話なのかもしれない。それでも、目標は高く。合戦に対する熱意もあまり強くないわしが、今このゲームを続けている最大の目的は、これを達成するためと言っても過言ではないのだから。
 語るべきことは多々あるが、第一回となる今日は、現在に至るまでの軌跡を振り返ってみることにしよう。

 わしの黄泉路への挑戦は、決して順風満帆とは言い難かった。今でこそ3キャラ根の国まで行けるが、最初はそれすら無理なのではないかと思っていたくらいだ。何とか現段階までこぎつけた過程を簡単に振り返ってみよう。

vs黄泉の魔犬
 実装後一ヶ月くらいした頃にはじめて相見えた時は、その圧倒的な強さに度肝を抜かれたものだ。何度も何度も挑んでも勝てず、かなり苦労させられた。が、一度倒してからはほとんど脅威を感じなくなり、漣で2回、渚で2回、涼で1回倒している(たぶん、回数うろ覚え・・・)。よほど変な徒党で挑まない限り、もう負けないだろうと言える相手だ。ちなみに当時の渚は特化が陰陽道だったとか、漣が鬼気した状態で最後の敵に鬼神突したらダメージ6000超えたとか、涼は挑戦中に蘇生すべきところでミスって裏鬼門を連発したりと、振り返ればいい思い出な出来事も様々あり。

vs析雷
 これまた最初は相当苦戦したものの、今は再び挑んでもそうそう苦戦はしないだろうと思われる。現に、涼は挑戦回数僅か2回で打倒している。まぁ、涼の挑戦時には既に仲間全員がかなり慣れていたわけだが。漣で倒した時は、途中死んでたために薬も鬼気も切れてて、析雷一体になってからが本番だったという状況だった。基本的にまともに動いてるのが自分だけだからヘイトを取っているのか、挑発無視の大車輪ががんがんこっちに飛んでくるのだ。硬い上に頻繁にアタッカーたる自分が殺されるのでなかなか倒せないという。

vs黒雷
 ここから次元が一つ違う。要求される装備、スキルのランクがかなり高くなってくる。まぁ戦術的な話は後日するとして、今のところこれを打倒しているのは漣のみである。しかもそれも、完全な勝利とは言い難い。2時間脱兎、しかも最終的に敵は全快状態。いやだってさ・・・完全全体×2+魔の祝福ってどうしようもないっしょ・・・。蘇生2連発に呪縛かぶせられて1つしか止められなかったりもしたし(ちゃんと侍2人でそれぞれにみね打ち行ってたのに!)。そして一番笑える話は、脱兎が始まった瞬間に黒様の一撃でわしが死んだということだ。活殺で1匹痺れてなかったら蘇生間に合わず、わし一人未クリアになるところだった・・・。
 渚と涼はいまだ苦戦中。仙論の渚は一人では敵を倒しきるのに火力が足りないため二人アタッカーとかで挑むも、それだと守りが手薄。やはり刀鍛冶に頼るか、2時間脱兎を狙うしかないのか・・・。涼は最近挑み始めたばかり、まだまだこれから、と。いずれにしても、黒打倒のイメージは頭の中で出来上がっている。あとはそのイメージ通りにできるようにすれば・・・。

vs伏雷
 根の国最大の障害と言われる超強敵。漣が既に十数度挑むも尽く敗戦。一番最近挑んだ時は、既にクリア済みの頼れる知人を巻き込んでの挑戦(しかも密教)だったのだが、孔雀が切れたところを狙いすましたように雷雲がきたりでやはり苦戦。2戦負けて安定させる算段がついてきた3戦目は、今まで一度も来たことのなかった恐怖の叫びで乙・・・。

 基本的に、わしは勝ち運というものがない。自分も勝てないし、応援してるサッカー日本代表も負けるし、F1でホンダもマクラーレンも勝たねーよこんちくしょう。
 負け癖は信オン内でも健在で、特に漣は何をやっても負けが多い。今まで所属してきた国も負け戦が多いしの・・・。能力不足・・・とは思いたくないのだけどの・・・装備だって涙装備ではないけど、周りでクリアしてる人と比べても劣ってるわけではないのだが。まぁ、その辺の話は次回に、ということで。

 黒・伏でつまってるような無様な状態で大雷打倒を目指すなど片腹痛いといったところであろうが、琥珀は尚も、進み続ける。明日の勝利のために!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決戦八雷!〜これまでの道のり編〜 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる