琥珀仙人録

アクセスカウンタ

zoom RSS 三輪山

<<   作成日時 : 2006/06/25 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 物事には流れというものが存在し、きっかけがあると一気に進むことができる。昨日、青龍に行ったのがきっかけとなったか、今日は昼間の内に白虎へ。そして夜には知人に誘われ玄武から若雷へ。


画像



 ベテラン揃いの徒党、負ける要素などないはずなのだが、ちょっとしたアクシデントが。不注意から、薬師殿が戦闘に入れず6人で戦うことに。まー、世の中には大物主や黄泉の魔犬でさえ6人で倒せてしまう猛者がいるもの、玄武如きにそれで苦戦することもなく、難なく撃破。


画像



 あまり撮る機会もないだろうから一つ、鬼神突でも・・・。


画像



 てやーっ!!




 その後は当然千引に行って若雷を戦うわけだが、今度は薬師殿が用事で抜け、補充も面倒なので6人のままで行くことに。別に大丈夫だろうとたかをくくっていたのだが、呪縛から蘇生やら竜巻やらが通る内にわしが死亡・・・。薬師がおらず、僧も僧兵のため蘇生できず、残った5人で撃破はできたのだが、クエスト中のわしが死んでいては意味無しということで、二戦目を行うことに。

 この二戦目がまた一戦目を上回る凄まじいことに・・・。序盤で神主殿が若の二連発を受けて死亡。さらに若を倒す直前で忍者殿も死亡。一時、味方4敵4という状態に。すぐに若を沈め、敵3体になったものの、段々と詠唱付与が切れ、喝破で気合が切れ、もう何やらすごいことに。回復が追いつかないから生命吸収全員に入れて全員で殴る殴る。もちろん結界も強引に叩き割る。そしてどうにかこうにか撃破。泥仕合であった。けどこのレベルになるとこうした戦いにはなかなかならないので、これはこれで楽しい。特に最後まで気の抜けない辺りが。気合がなくて結界がない状態で術が来たら若がいなくてもかなりやばいから、連発とかされなくて良かった。




 色々あったがついに・・・。


画像



 新しいものが実装されたらすぐ食いつくのだが、何においても実際にクリアするのは遅いというわしが、2年以上の時を経てついにここに辿り着いた。途中からあまり積極的でなかったわけだが、まー、長かった・・・・・・。あとは暇を見て大物主を倒して、アレを手に入れるだけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三輪山
三輪山三輪山(みわやま)は、奈良盆地に面して桜井市東部にそびえる山。標高467m。三諸山(みもろやま)ともいう。三輪山は、おそらく縄文あるいは弥生時代から、自然物崇拝をする原始信仰の対象であったであろう。古墳時代にはいると、山麓地帯には次々と大きな古墳が作られた。そのことから、この一帯を中心にして日... ...続きを見る
山とスキー場.com
2006/08/06 09:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私どもはアフィリエイト[ e-アフィリ ]を運営しております。
もし宣しかったら当社広告主様のバナーをお客様のサイトに張っていただけませんでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
多くの方がお客様のサイトを見れば見るほどお客様の報酬額も高くなる可能性があるということです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
お客様のサイトもとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
いかがでしょうか?いつも通りサイトを更新していくだけでいいんです!!
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?weya
e-アフィリ
2006/06/26 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
三輪山 琥珀仙人録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる